飾る写真 (2)

波乱の真相。それは全画像消失の危機でした。帰ってきてCFをカードリーダに挿して画像をPCにコピーしようとしたところアクセスできず。あれ?と思ってCFをカメラに挿し直して画像を確認しようとすると、画像はありませんのつれない返事。おかしい!と思ってググって、DOSプロンプトから chkdsk g: /f を実行するもやはりアクセスできず。物理的に認識はしているので、いくつかフリーの修復ソフトで復旧を試し、画像をサルベージしてみるも、全てデコードエラーとなって表示ができなかったのです。

この後、ふとしたことで事態は急展開を見せました。「せっかくの自由時間に歩き回って良い写真を撮ってきたのに・・・」とかなり意気消沈していたのですが、何気なくカードリーダを見ると、CFソケット内の端っこのピンが曲がっている事に気づいたのです。これは?!と思ってカードリーダを変え、正しくカードを挿し直して chkdsk g: /f をかけ直すと、一応論理的な認識をするようになりました。ただ、最初の chkdsk による不十分な修復の弊害か、ファイルリストを表示させることはできませんでした。そこで再度修復ソフト(Zero Assumption Recovery)でサルベージを試みると・・・今回は大成功!!!JPGはそのままでサルベージ完了。RAWは拡張子がtifとなってしまっていたので、正しくARWを付け直して完了。ヒヤヒヤしましたが、この日のスナップが徒労に終わることなく、助かりました。恐い恐い。

(2014年9月16日)

  • 2014年9月13日 下山門・上山門・生の松原
  • Sonnar T* 1,8/135 ZA
  • 藤-Resizer-によるリサンプル (Lanczos4アルゴリズム)
Tweet