いいよね (1)

ディーラーにクルマを預けた後、久しぶりに完全フリーなまとまった時間が出来たので、半ば素直な欲求から、半ば義務的な思いから、α900でスナップをしてきました。車輪眼ならぬ写真眼がやはり鈍ってしまっていて、最初の1時間くらいはシャッターが重かったです(情けない・・・)。でもまぁ、結果的には写真っていいなを感じる事が出来たので良かったですけれども。

直近での個人的に大きな出来事は2つ。1つはヒミツなので置いておいて(写真に表れているかどうか・・・まだ出ないかな、ちょっとは出てるかな)、もう1つは半年通い詰めた歯の治療が終了したことです。道路の「歯」のクローズアップはまさにそれですね。

極めてどうでもいいことだと思われると思うんですが、私の写真の「私物化」がどんどん進んでいる事もあって、どうでもいいことだと思われること自体が写真かなぁと思うんですよね(禅問答みたいになってきた)。最近カメラへの興味はほぼ完全に無くなり(といいつつホルガデジタルは注文しましたが、まだ届きませんが・・・)、写真を見ることはぼちぼちな中で、文具熱・革製品熱がかなり沸騰中なのであります。で、今これを書いている最中に、「あっ」と思い立って、長らくほったらかしにしていたα900のハンドストラップにオイル(マスタングペースト)を補充してお手入れしたりしたのでした(なので30分以上中断した)。

話を少し戻しますと、つまり「写真の私物化」についてですが、日常の記録はもうiPhoneです。家族の記念のほか、キレイな風景なんかもそこそこ撮っています。ネタ的なものは撮ってfacebookにアップしておしまい。その延長なのか、忙しさから来る写真への自意識の(良い意味での)欠如なのか、本格的に「撮ろう」と思って行っても、見せたりまとめたりすることをもうほとんど考えないで(枚数的なまとまりは少しだけ計算しつつ)撮ってくるのです。で、どうかなぁと思って、PCで上がりを確認すると、純粋にα900とプラナーの黒白が(パラメータの設定もいい塩梅だからなのですが)キレイなのでそれだけで満足して、撮って良かったなぁと思うわけです。もうこれで終わって良いんですが、これまで長らく続けてきたココを疎かにするのは、それもかなり心が痛いので、じゃあやっぱり載せようと思って夜中に作業をした、という流れです。

(2016年3月14日)

  • 2016年3月12日 薬院・天神
  • Planar T* 1,4/50 ZA SSM (白黒)
  • 藤-Resizer-によるリサンプル (Lanczos4アルゴリズム)
Tweet