graygrey

剛気圧に続き、駅まで15分から派生した視覚的減算フォトプロジェクトの第3弾。剛気圧では中間調〜ハイライトをすっ飛ばして超ハイキーにしましたが、ここではハイライトとシャドーをグッと中間調に押し込みました。極力コントラストを下げることで、カタチを知覚する視覚に対する挑戦を挑みます。いつも通る場所、いつも見る風景でも、視覚的要素のいくつかをデリートしてあげるだけで全く異質のシャシンになることを楽しんでもらえたら幸いです。フォト・アートのカタチを見つける実験、まだまだ続きます。

(2007年3月28日)

Tweet