Kiev II

Kiev II の紹介記事

そのドラマチックな歴史と共に、旧ソ連製カメラというモノ達の中で燦然と輝く Kiev II。彼は所有欲をくすぐり、携帯欲をくすぐり、撮影欲をくすぐって、スナップシュートでは撮影者をチョイ自慢気にさせてくれます。シャッターボタンには人差し指、フォーカシングギアには中指を添え、薬指をグイっと折り曲げて構えるその独特のスタイルまでもが素敵に、そして美しく思えてしまう、と言えば魅惑され過ぎでしょうか。

半世紀の時を隔てて、ウクライナの地からやってきた Kiev II。フォーカシングギアもスムーズでシャッターの感触も良好。調子いいぞコノヤロウ!と思ったのもつかの間で、気まぐれな巻き上げロック不良がありました。そのため、いつもの全身エステだけでは留まらず、オーバーホールまでやる破目になって既に手のかかる子ぶりを存分に発揮してくれてはいますが、おかげで愛着の深さは人一倍、カメラ一倍。ファインダーもピカピカになって巻き上げロック不良も無事解消。

そんなこんなで、このカメラは晴れて私の Love 涙色カメラになったのでした。そのカメラで撮る写真も Love 涙色な作品になればいいな、という願いを込めつつ展示してまいりたいと思います。

2002年 作成

Tweet