たまには軟派なカメラも・・・

本当に久しぶり、4、5年ぶりに撮ったα-303si SUPER。最近のリバーサル・マイブームに乗って、今回もリバーサルで撮ってきました。使用フィルムはもちろん「AGFA CT precisa 100 36枚撮」。でも、どういうわけか36枚撮なのに27枚で巻き戻されていました。そんなことってあるの? アグファってネガでは27枚撮フィルムがあるので、27枚というのはなんとなくわからなくもないのですが、どういうことなんでしょ。一応DXコードを調べてみるものの、フィルム側ではちゃんと36枚の表示になっていました(というかそもそもDXコードでは27枚という表記はない)。というと、カメラ側の問題なのか・・・そうかアルファ、お前もか・・・、となんとなくソビエトの風を感じた瞬間でした。

撮影場所は桜木町。上がってきた写真を見ると、LC-Aのリバーサルとは明らかに違っていて、また面白いです。LC-Aは周辺光量落ちまくりの雰囲気出しまくりの写真なんですが、α-303siはなんと言うかとっても素直で単純に綺麗。カメラ(レンズ)が違えば写真が違うというのを実感するのも面白いですね。

  • 2001年10月20日 桜木町
  • AF ズーム 35-70mm F3.5-4.5
  • AGFA CT precisa 100 36Exp.
  • JPD PrimeFilm1800i
Tweet