さくらのあたり

さくらべるびあ〜んの続きです。せっかくの桜なんだから豪快にベルビアで撮りまくりたい!ってのが理想なんですが、フィルム代・現像代という渋ーい現実を見ると、カラーネガに入れ替えざるを得なかったという背景があったのかどうかはさておき(当然あったんですが)、今回はカラーネガです。撮影データを見てみると、今回は14:45〜15:25までの40分間で1本撮ったことになります。陽光がほんのりオレンジ色に色付き始める昼下がり、ってところですね。

今回は桜をメインに撮りまくるのではなく、その周辺をいつもながらのスナップで撮ってきました。四ッ谷駅周辺を少しうろついて、また土手に戻って、そしてホテルニューオータニの日本庭園を襲撃。0120-24は100マクロ、それ以外は 50mm F1.4 です。日本庭園に向かう途中、お堀の水面が跳ね返す光があまりにも綺麗だったので、そこで小舟を浮かべて釣りをしている人を無視してピントを外し、その光を印象的に表現してみました。そんな20はいい感じになってると思います。21はちょっとやりすぎですが、ある意味これもアリでしょう。いずれも開放です。

  • 2003年3月30日 四ッ谷
  • AF マクロ 100mm F2.8, AF 50mm F1.4
  • FUJIFILM (業) 記録用カラーフィルム ISO100 24Exp.
  • naniwa COLOR KIT N
  • EPSON GT-9700F
Tweet