ちょっと和

今回は、桜のあたりからの続きで、ホテルニューオータニの日本庭園から始まります。100マクロ1本勝負。寄ってみたり離れてみたりといつもの調子でマクロレンズを楽しんでいます。なんだかんだ言って、やっぱりこのレンズを付けているとどうしても花を探してしまいますね。絞りを開いて寄っていって、背景のボケを確認しつつシャッターを押す。ファインダーでのボケ再現性は良好ですが、上がりを見ると予想以上のそのとろけ具合にもうメロメロ・・・。こりゃクセになるわな、と思ってしまいます。

そ・こ・で、撮影データを確認してみると、見事に全部開放のf2.8。うーん、イカンですね、これは。そろそろキチンと絞りを使い分けて撮らねばいけないと思います。とは言え、まだ100マクロの「お試し期間」ということで勘弁してやってください。

個別に見ていきますと、01の鯉は多少インパクトありますがPLフィルタを付けてると水面反射が取り除けてよかったのかなと思ってみたり、18の花は背景が気持ちいいもののイマイチピンが出てなくて残念だと思ってみたり、相変わらずどうでもいいような写真が多くてなんだかなぁと思ってみたり。ま、そんな中で個人的に好きなのは16かな。

  • 2003年3月30日 四ッ谷
  • AF マクロ 100mm F2.8
  • FUJIFILM (業) 記録用カラーフィルム ISO100 24Exp.
  • naniwa COLOR KIT N
  • EPSON GT-9700F
Tweet