少しばかりの気持ち

満開の桜を撮りに新宿に行った日の最後を締めくくる1本です。この日は既に Kiev II で1本、α-7 で3本撮ってるのでこれが5本目となります。さすがにそろそろ疲れが出てくる頃なんですが、写真にも疲れが表れてるかと思いきやそうでもないんですね。だってカメラを構えるとテンション上がりますから。

そんなこんなで新宿東口をブラブラしていたら、やっぱりやっていましたよストリートパフォーマンス。最初に α-303si SUPER で撮ったストリートパフォーマンスがいい感じだったので、見かけるとついつい狙ってしまうんですよね。なかなかコレ!というモノが撮れないんですけど、なんか撮ってしまいます。

パフォーマンスを見ながらココダ!という瞬間を狙ってシャッターを切るわけですが、私は終始カメラを構えているわけではありません。パフォーマンスも楽しませてもらいますし「技」が決まればもちろん拍手も送ります。そしてパフォーマンスが終わると、文字通り少しばかりの気持ちを渡して(一番最初に渡せればベスト!)足早に移動します。これが私のストリートパフォーマンス・スナップのポリシーみたいになってます。

  • 2003年4月6日 新宿
  • AF 50mm F1.4
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet