陽画派

久しぶりのアガートはリバーサルです。アガートでのリバーサルもちゃんと撮れている写真はホントにちゃんと写っているんですが、設定できる露出の幅が狭いので暗いところでは無理ですね、やっぱり。それから、久しぶりに使ったのでパララックスの補正を忘れて意図したところより左に寄っちゃってる写真もパラパラありました。また、フィルム無限地獄に陥ったので、1本撮りきるのに随分時間がかかってしまいました。

ということで、今回はしょっぱい写真になってしまいましたが、発色自体は綺麗です。さすがINDUSTAR搭載のハーフカメラ、アガート。ただですね、枚数を気にせずバシバシ気軽に撮れるというこのカメラのもう一つの魅力が、逆に重荷になるときがあります。みなさんもそうだと思いますが、私もフィルムを入れたらその日に撮り切らないと気持ち悪いんです。なので、フィルム無限地獄はちょっとストレスになるときがあります。また、スキャンの手間も結構かかるんですよね。やっぱりこの手のカメラは、カラーネガで撮って0円プリントに出して分厚い写真の束を手にしてパラパラ見る、というのが一番あっているように思います。

  • 2002年1月29日〜2002年2月9日 明治通り ( 田端〜南砂〜田端 )
  • AGFA CT precisa 100 27Exp.
  • TETENAL COLORTEC E-6
  • JPD PrimeFilm1800i
Tweet