オマージュ!EIZIN

私は哲学的にこねくり回した絵画も好きですが (もちろんモノに依ります)、視覚的にストレートでジャストミートな現代アートも好きです (当然ながらモノに依ります)。中でも私は実は鈴木英人さんのファンだったりして、定価5,000円の作品集をお金のない学生時代にちゃんと買ってたりするんです。

今回はネタこそ日本の下町の路地裏ですが、そんな鈴木英人作品に敬意を表してアスキーフォトを作ってみました。「えっ、どこが?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、私の中では一応「光と風のデイ・トリッパー」になってるつもりです。

ということで、今回使った要素文字はうっとぅ鬱陶。の7文字のみ。たった7文字ですよ、スゴイデショ! 別に心が塞いでいるわけでも、憤っているわけでもなく、画数の多い漢字を考えたときになぜか「鬱」がピンときたのでこんなセレクトになってしまったわけです。何かに毒されているかもしれませんが(笑)、この調子だとしばらくアスキーフォトにハマリっぱなしかもしれません。

(2006年4月28日)

  • 2003年6月8日 昭和町〜上中里
Tweet