湯島ひとひら #2

前回に引き続き舞台は旧岩崎邸庭園です。今回は洋館内からそれに直結した和館へと進んで参ります。洋館は17世紀の英国ジャコビアン様式を基調にした、明治における近代洋風建築。それに対し、和館は書院造りを基調にした純和風建築。この相対する建築物が直結するというのは一見して違和感を覚えるかもしれませんが、実際中を通ってみると不思議とそれを感じません。それは、ともに木造建築であるということが成せる業なのかもしれません。

今回使ったフィルムはプレスト。それでもなかなかいいコントラストが出てます。室内・ノーフラッシュで撮ったものが多かったのでボツコマも多かったんですが、フィルム感度で2段分露出補正をしたのでそれなりには生きていると思います。

#1 #2 #3 #4 #5 #6

  • 2003年8月11日 湯島
  • FUJIFILM NEOPAN 400 PRESTO
  • FUJIFILM SUPER PRODOL (5-8rolls 21℃ 4'30")
  • EPSON GT-9700F
Tweet