紅の渋谷

紅 (くれない) の渋谷と言っても、夕陽で真っ赤に染まった渋谷を撮影したわけではありません。フィルタです。R1 という真っ赤なヤツを付けて撮影したのです。一般に黒白フィルム用のフィルタというのは、コントラストを強くする Y2(黄色)、YA3(橙色)、R1(赤色) と、女性ポートレートで唇の赤みや肌の感じを落ち着かせる PO0(黄緑色) と PO1(緑色) などがありますが、この R1 はコントラスト用フィルタの中でも最強。ここまでくれば、いわゆる特殊効果になります。

使った理由は、どうしてもコントラストが下がりがちな寒ーい冬に於いてちょっとパンチの効いた写真が撮りたかったから。あと、気分転換と興味本位。ただ、これを付けると「あの子のほっぺ」や「猿のケツ」に限らずなんでもかんでもまっかっかに見えるので、撮りにくいっちゃー撮りにくいのです。それから、3絞り分露出をオーバーにしなければならないので、ISO400 でも曇や日陰になるとすぐに開放近い絞りが要求されるという結構シビアな撮影になります。

その結果は・・・まあまあ成功でした。スコーンと青い空に白い雲が適度に浮かぶ雄大な風景なんかだと空が黒く濃いー写真になったのでしょうが、撮影したのがイマイチ天気のよくない昼下がりなのでこんなもんでしょう。ところどころにコントラストが強調された片鱗が窺えるのでヨシとしましょう。問題は、慌てて撮ったために思いっきり前ピンになってる写真とか、あれやこれや・・・。

  • 2003年1月13日 渋谷
  • VEGA-12b F2.8/90mm with R1 Filter
  • AGFA AGFAPAN APX400
  • FUJIFILM MICROFINE
  • EPSON GT-9700F
Tweet