商店街のある通り

掲示板にも書きましたように、この日は中央線沿線の例えば中野、例えば吉祥寺で写真を撮ろうと思って電車に乗りこみました。ところがいきなりトラブル発生、というか既にトラブルが発生していて、電車は踏み切りのど真ん中で一時停車。「え〜、こんなとこで止まっていいの?踏み切りだよ〜」という隣のカップルの声を横耳で聞きつつ、私は自分のタイミングの悪さを少し恨んでいるとタイミング良く「次の駒込で運転を見合わせます」というアナウンス。そんじゃあ駒込で撮ってくるか、と私は全然慌てず駒込で途中下車の旅。

駒込駅の改札を出ると、目の前にいきなりいい感じの商店街が広がっていて、なんとも写欲そそられまくりのいい感じでリュックから Kiev II を取り出して撮り出そうと思っているとなんと電車が動き出しました。ほんとに見合わせたのか?という疑念を抱きつつも写真の枚数は順調にイッテいるので良しとしました。

そして出来上がった写真は、なかなか自己満足度高しな写真が多くてヨカッタヨカッタ。っていうかですね、この Kiev の JUPITER-8 ってレンズ、とってもわかりやすい程に良いんですよ。レンズ評価のプロやレンズマニアの人が宣うレンズ描写の微妙な違いってのは正直あまりよくわからないところがあるのですが、このレンズは違うんです。そのキリッとしたシャープさも然り、コテッとした濃厚な描写も然り。一言で言うと、モノクロがとっても映えるんです。でも、モノクロにとどめておくのはもったいないからカラーネガもカラーリバーサルも撮ってみたいなぁ。そして Contax マウントのその他の画角のレンズも・・・。

  • 2002年7月6日 駒込〜田端
  • JUPITER-8 F2/5cm
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet