色が踊るヨコハマ2

ヨコハマリバーサルの第2弾はベルビアです。100でもなければ100Fでもない、初代のベルビア(ISO50)です。フォルティアに比べるとキツさはほんのり低まりますが、長期にわたってドギツ系リバーサルの最高峰の一つであり続けたフィルムと言っても過言ではないでしょう。残念ながら2005年12月末をもって生産終了が決まってしまってますので、まだ使ったことのない方は是非それまでに一度お使いになってみてください。

さて、今回はちょっとわかりにくい状況が多々発生していますが、個人的には好みのカットがまずまず入っています。スキャンするとつぶれたりとんでたりしている部分でも、スリーブをライトボックスに載せて見るとしっかり情報が残ってますから、やっぱすげーよアナログって感じです。最近デジタルが楽しくなってきてる私が言っても説得力ないかもしれませんが(笑)。

最後に今回のロケ地について少し触れますと、横浜の本町とか桜木町っていう場所はどこに行っても基本的に被写体に困ることがないってくらいフォトジェニックな場所だと思います。でも、普通に撮れば単なる観光写真になりがちなので、ちょっとひねくれて撮ってみませんか? そしてこの場所をよく知ってる人に見せてみて、「これどこ?」って聞かれたらアナタの勝ちです(笑)。ま、なにかテーマがあればベターですが、単純に「目に面白い」ってものでもアリでしょう。

  • 2004年9月12日 横浜
  • JUPITER-8 F2/5cm
  • FUJIFILM Velvia FUJICHROME 24Exp.
  • ヨドバシ
  • EPSON GT-9700F
Tweet