雨上がり決写隊参上

リバーサルを突っ込んで、雨上がりの新宿を撮ってきました。雨が上がって曇ったり晴れたりの空の下、まだ乾かない地面がなかなかいい雰囲気を醸し出していました。アスファルトの窪みにたまった雨水がまるで鏡のように空を映し出していたり、雨を降らせて薄くなった雲が太陽を隠して風景の彩度を落としていたりして優しい風景が広がっていました。

出来上がりを見ると露出アンダーな写真もほろほろ見受けられるものの、KIEV35Aは撮っているときの印象を上手く表現してくれたようです。しばらくモノクロを修行しようかなと思っている最近ではありますが、リバーサルの上がりを見るとやっぱりカラーも面白いと思ってしまいます。これだから写真はやめられません。

  • 2002年1月27日 新宿
  • AGFA CT precisa 100 27Exp.
  • TETENAL COLORTEC E-6
  • JPD PrimeFilm1800i
Tweet