池袋のチョット奥

LC-AもKIEV35Aもコンパクトでオートで人気者という点では同じ位置付けのカメラなんですが、写りが全然違うのですよダンナ! 今回特にこの2人を比較しようという意図はなかったのですが、なんとなくLC-AとKIEV35Aで同じフジの「NEOPAN 100 ACROS」を使い、この2本を一気に現像したので、図らずもそれなりに比較のできる状況が整ってしまいました。

それでは、モノクロモグラフと見比べてみてください。撮影の時間帯が、LC-Aは夕方〜夜、KIEV35Aは昼という違いはありますが、それを差し引いても写真の雰囲気が違うのは見て取れると思います。面白いですねぇ。どちらが好みでしょう。私はどっちも好きなんですけど、今回のようにKIEV35Aでカッチリスコーンと気持ちよく撮れてしまうと、KIEV35Aのお気に入り度は一層高まりますね。

  • 2002年2月24日 池袋
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS 36Exp.
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet