灯台のある風景

「このクソ寒い冬の朝云々・・・」と書いた前回よりもさらに寒くて寒くて(現在2002年12月14日夜0時、室温は14度、だけど外は恐ろしく寒い)、超寒がりの私は「もうだめぽ・・・」となってるんですが、張り切ってまいりましょう。

今回は、前回からの続きで妹カーが橋杭岩に向かったあとに向かった大島・樫野埼灯台(かしのさきとうだい)がメイン舞台です。妹の話では、「前に来た時は、ボロかったけど味あったでー」ということなんですが、なんだかペンキ塗りなおしの化粧直し済みでとっても綺麗になっておられてチョイ残念だったのでした。ちなみに樫野埼灯台は、日本最古の石造り灯台のうちの一つ。日本が開国した後、各国からの要請で建設されたものだそうです。

そうそう行かれることはないと思いますが、もし立ち寄られた際には是非キンカンソフトを食べてみてください(もちろん冬以外)。この大島特産のキンカンの蜜煮がクリームの上にのったソフトはなかなか美味しいですよ。

と、これでこのシリーズはおしまいなんですが、最後に一言。やっぱり一部の写真に光漏れしたような跡が薄く付いているんですよ。色々対策は立てたはずなんですがねぇ・・・もうお兄さん怒った。今度使うときはパーマセルでやばそうなところ全部塞いでやる。他の問題児はほぼ全部更生させたのにこの子はしぶといです、ホント。

  • 2002年9月23日 和歌山県串本町 他
  • AGFA vista 100 27Exp.
  • EPSON GT-9700F
Tweet