モノクロモグラフ

最近のモノクロ・マイブームに乗って久しぶりにLC-Aで撮ってみました。で、そろそろポートレートもチビチビ入れていきたいということで、身近な人を少し撮ってみることに。LC-A独特の雰囲気がモノクロでさらに増幅され、少々濃い目の味付けになっておりますがいかがでしょう。久しぶりにLC-Aで撮ると、ま、なんだかんだ言っても面白いなというのが正直なところです。いわゆるロモグラフを意識して、ブレやボケの写真もわざと入れてあったりします。ただ、たまにやるから面白いのであって、ずっとコレをやってると飽きるという気もしますので、ちょうどいいローテーションでLC-Aを回していくつもりです。

最近は結構「大型機材・ラブ!」な週末を過ごしているので、こうしてコンパクトなカメラを使うとムチャクチャ身軽でビックリします。気軽に手軽にパチパチやれます。その反面、現像して上がったネガは物足りない。中判のロクロクに慣れてくると、35mmのネガはやっぱし迫力に欠けるんですな。LC-Aのブローニーバージョンがあったら面白いかも、と思ってみたりはしますけど、中判でロモグラフは撮りたくない気がするのでやっぱりLC-Aはこのまんまがいいのかもしれません。

  • 2002年2月23日 津田沼・恵比寿・代官山
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS 36Exp.
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet