実験的黒白寫眞

年末年始は研究に追われて余裕が無かったので、なかなか写真を撮りに行くことができませんでした。そもそも、冬将軍には鍋奉行で対抗するしかない私にとって、この時期はどうしても写欲が減退してしまい写真を撮ろうという気にすらなりにくいんですな。でも、年を越すとボチボチ写欲も出てきて「何か撮りたい」とポケットに LC-A を突っ込んでいました。

とは言え、やはり冒頭で述べたように時間的な余裕がなかったため、基本的には研究室へ向かう途中か家に帰る途中に撮るしかありませんでした。そこで思ったのが「逆にコレを利用して撮っちゃる!」ということ。雨上がりの朝の恐ろしく照り返しの強い道路を正面から撮ってみたり、街灯の灯りを頼りに夜のスナップを試みたり、人の少ない時間帯の地下鉄構内で撮ってみたり。個人的には、実験的な要素を含む面白いモノが撮れたんじゃないかな、なーんて思ってます。

ブレたりボケたり、「え〜わけわかんな〜い」な写真も遠慮なく載せてます。「ロモ」ってことで。

  • 2003年1月2日 - 2003年1月5日 都内各所
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS
  • FUJIFILM MICROFINE
  • EPSON GT-9700F
Tweet