ルビテルとリバーサルと石川町

やはり、ルビテルでもリバーサルを!ということで撮ってみました。綺麗に撮れていたものももちろんありますが、結構露出がアンダーになってしまっているものが多く、それは見ていただくとわかると思います。自分の露出感が甘いということもあるのでしょうが、今まで使ってみた印象としては、他のカメラと比べるとこのルビテルは気持ちオーバーにした方がいいような気がしています。ソビエトカメラってー奴は個体差が激しいということをよく聞くので、これはそういう個体なのかもしれません。

使用フィルムは「Kodak Ektachrome 100 PLUS」で、コダックのラボに出しました。仕上がったスリーブを見た限りでは、ちょっと赤みがかった発色をしているように思います (スキャン画像もスリーブをライトボックスで見た感じに近づけるように多少調整してあります)。同じT系レンズがついているSMENA19でリバーサルを撮ったときには素直な描写だったので、これはこのフィルムのクセなのかなぁという気がしています。

撮影場所は石川町。今回は1日で3本撮ってきたので、このシリーズは次回、次々回と続きます。

  • 2001年11月11日 石川町
  • Kodak Ektachrome 100 PLUS
  • EPSON GT-9700F
Tweet