一人と一匹と一台でゆく畦道

前回に引き続き帰省先での撮影です。今回はもう、実家のすぐそば。田圃や畑のほのぼのとした風景が広がります。風邪気味だってのに、愛犬とルビテルを連れて散歩にと参りました。もちろん、ワンちゃんは写真を撮ってることなんて全く興味がないもんで、引っ張られてブレちゃったショットもございます。

今回はなんだかバッチリとはまりました。夕方の優しい陽射しにISO400のフィルムで絞り込んで撮ったのがよかったのか、初めて使ったステンレス製のタンクとリールでの現像がよかったのか、何はともあれ今までのような派手な白もやも出ず、コントラストの高い気持ちのいい写真になったと思います。

先ほども書きましたが、今回初めてステンレス製のタンクとリールを使っての現像にチャレンジしました。やはりフィルムの巻き付けには苦戦を強いられ、新しいフィルム1本を犠牲にして明室で何度も何度も練習を重ねました。その甲斐があって、無事フィルムをリールに巻くことができましたし、現像もうまくいきました。ステンレス製のタンクとリールを使っているというのがなんだか嬉しい現像作業でした。

  • 2002年1月5日 和歌山県内某所
  • AGFA AGFAPAN APX400
  • MORIMOTO PHOTO CHEMICAL D-76 Type
  • EPSON GT-9700F
Tweet