高層ビルと二眼レフ

ルビテルを持って、新宿に。高層ビルが立ち並び近代的な佇まいを見せる新宿の中で、ルビテルのような二眼レフを首から下げてうろついている私は、一見ミスマッチだと思われたかもしれません。でも、二眼レフってある意味カメラ界の高層ビルなんですよね。つまり長身だということ。だからある意味ベストマッチなのかもしれません。

今回でもう17本目、結構撮ってきた感想としてやはり二眼レフは撮りやすいです。今まであまり「人」の入った写真は撮れていないのでそれほど恩恵は受けてないかもしれませんが、あの愛嬌のあるボディーにサイレントなシャッターは確かにスナップ向きだと思います。ただ、私のルビテルはデッドストック新品で買ったものですが、何と言っても作りが粗いのでもちろんメッチャ快適というわけにはいかないのが悲しいところ。もし、間違ってローライレフレックス2.8FXなんてものが私のところに転がり込んでくるようなことがあったら、嬉しくてずっとそれで撮ってるかもしれません。でも、快適すぎないのが魅力のソビエトカメラに結局戻ってくるかもしれませんけど。

  • 2002年1月12日 新宿
  • AGFA AGFAPAN APX400
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet