汐留デジスナ

何年ぶりだかわかりませんが、最近なんだかデジカメ熱が高まってきました。そしてメーカーのサイトやらカタログやら雑誌なんかを見ては、「DiMAGE A1 が欲しい、いや Z1 でいいかも、でも Kiss Digital も気になるし、*ist-D なら実戦で使えるかもなぁ、まてまてもうすぐ遂に α-7 ベースのデジタル一眼レフ出るって噂もあるし・・・」なんて、財政問題を棚上げして前頭葉ニューロンを物欲で異常発火させまくる日々を送っとるのです。

しかし、まだ私には冷静な部分も残っておりました。とりあえず今あるものでなんとかしよう大作戦を決行し、久しぶりに S75 を屋外に出動させたのです。向かった場所は汐留で、デジタルカメラスナップ、略して汐留デジスナってわけです。コンパクトデジカメ (しかも数年前の) は起動も AF も記録も遅くて使いもんにならん! という印象を強く持っていたので不安はあったのですが、残念ながらやはりその通りでした。ただ、撮影がメインの目的ではないお出かけで遊びで使うなら結構楽しめるかも、ということを確認しただけでも収穫はあったと思います。

今回の写真は、基本的に S75 をずっと首から下げて歩きながら、気合い抜けまくりのシャッターを押しまくりで撮りました。そして、全ての撮影は液晶画面を見て行いました。撮りながら思ったことは、ウエストレベルだったら多少動作が遅くてももっと遊べるのになぁ〜ということ。バリアングルな液晶でボディーの横からグルっと回したやつではなく、LUBITEL 166B とか KIEV-6C のようなウエストレベルの液晶画面が欲しいのです。もしこんなデジカメがあったら欲しいですか?

  • 2003年8月25日 汐留
Tweet