休日散歩、目黒川沿い

山の手線に乗って適当な所で下り、ひたすら歩いは写真を撮る。そんな休日がいい感じです。一般的に人の歩くスピードは時速4キロと言われていますが、関西出身東京在住の私は比較的早歩きな方なので時速5キロと見積もることにします。1日の撮影で2時間〜3時間は歩きますので、10キロ以上は歩いている計算になります。サリュートのように重いカメラをぶら下げているにもかかわらず、そりゃもう歩く歩く。写真のパワーよ恐るべしって感じです。

そんなこんなでこの日も相当歩きました。途中、シャッターがしばらく押せないミニスランプがやってきたりもしましたが、ずっと歩いているといい場面に遭遇することももちろんあります。トランペットの写真はそんな、まさに「おおっ」という瞬間でした。私も本格的に趣味で写真を撮るようになって1年が経ち、多少は度胸もついてきたのか、少し躊躇いながらも「一枚イイデスカ」と声をかけて撮らしてもらうことができました。一見自然に見えるこの写真は、実は、「お兄さん、吹いている」→「変なカメラを持っている人(私です)に気づいて止める」→「撮ってもいいかと言われたので照れながらも頷いて、もう一度吹き始める」という流れの中で撮ったものなんです。わざわざポーズを撮ってくれたお兄さんに感謝です。

  • 2002年5月3日 恵比寿〜目黒
  • VEGA-12B F2.8/90mm with L37 Filter
  • Kodak Verichrome pan film VP120
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet