3×10^8 m/s

またまたヤツだ、ヤツですよ。ヤツが秒速30万kmの速さで攻めてきちゃいました。今回予備のフィルムバック(以前外れなくなってオシャカになったやつの代わり)がようやく届いたので、念のためモルトを張り替えてから使ってみたのでしたが、豪快に漏れてました(涙)。漏れていると言ってもここに載せたのは比較的見られるものなんですが、残りの3枚は見るも無残な漏れ方をしてました(鼻水)。

そもそも、サリュートっていうのは美しい写真を撮るためのカメラなんじゃないのですかね。むむむ・・・、とも言っていられないので原因を調べてみると、どうやら遮光板の差込口の隙間から光が漏れていることが発覚しました。それで慌ててフィルムバックを分解し、まず若干膨らんでいた差込口の部分を微妙に矯正しました。そして、差込口の光漏れ防止パーツを自作して取り替えました。このパーツ、オリジナルはモルトを薄いアルミのフィルムでくるんだようなものになっていて、光漏れを防ぐだけではなく遮光板の抜き差しがしやすくなるようにも加工されています。しかし、このフィルムバックではそのアルミ膜がシワシワになっていたのでこれをそのまま使って直すのは無理と判断し、モルトとブローニーフィルムを巻いてる紙を使って同じように作りました。今度こそは大丈夫でしょう。

  • 2002年5月3日 目黒〜学芸大学
  • VEGA-12B F2.8/90mm with L37 Filter
  • Kodak Verichrome pan film VP120
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet