Pasadena Snaps #3

CMEHAPPY の原点、SMENA 19 をアメリカに出動させました。しかも、いきなりベルビア投入という超贅沢仕様。フルマニュアル・ソビエトコンパクトでISO 50のポジの24枚撮り1本600円以上のベルビアを転がす、これが CMEHAPPY の心意気ってとこですかね(笑)。

フルマニュアルにポジって組み合わせなので本来なら単体露出計で露出を決めていきたいところなんですけど、そもそも今回は日本から持ってきてないのですよ、単体露出計(笑)。自作の露出表もナシ。でも大丈夫、問題ないっす。ISO 100 のフィルムに対して、晴れ・250・f8 (百晴れニゴハチって覚えてネ) で、今回は晴れてて ISO 50 だから 125 に f8 中心に回せばいいじゃんってことです。α-7 にベルビアを入れたときは1コマ1コマ中央重点的平均測光やスポット測光に適宜露出補正をしてシビアに露出を決定するのに比べ、こんなに適当でいいのかと笑ってしまうほどです。

ちゃんと写ってるかなぁと不安一杯だったんですが、開けてみるとあらビックリ、ちゃんと撮れてますぜ、旦那。しかもあんまし外していない。というか、AE の KIEV 35A よりも外していない。というか、24枚全コマ掲載できちゃってる。17なんかは露出を変えるのを思いっきり忘れて16の設定のままシャッターを押してからシマッタと思ったけど後の祭りで「まぁいっか」と撮り直しもせずそのまま突き進むなんて、私って漢(おとこ)ですか?(笑)

そんなこんなで無事に撮れてた写真を改めて見ていくと、やっぱしベルビアですね。プレシーザとは激しく違います。この少し赤みがかった深くて鮮やかな色の出し方は本当に独特です。SMENA 19 の T-43-1 レンズも素晴らしいですな。

#1

#2

#3

#4

#5

#6

#7

#8

#9

#10

#11

  • 2003年7月27日 Pasadena, CA, USA
  • FUJIFILM Velvia FUJICHROME 24Exp.
  • FUJICOLOR SERVICE
  • EPSON GT-9700F
Tweet