最強タッグ、ハケーン!

北海道に出張で行くことになってスキーもしてくることになったので、「この時を逃しては、あるいは永久に!」(このフレーズ、わかる人いるかなぁ) ということで、話題の AGFA ULTRA 100 を WaiWai ワイドに詰め込んで、36枚1本勝負をしてきました。で、せっかくなので、近くの AGFA 純正仕上げのラボに出してみました。

ワクワクしながら受け取って上がりを見てみると・・・な、なんだこのうそ臭い発色は! 久しぶりにラボでプリントしてもらったのですが、AGFA Prestige PAPER に焼かれた ULTRA 100 の写真達の発色にはまさに「後頭部打った」という感じでした。スキー場という強い陽射しの下、「何気に発色良かったりする、あーんど、周辺減光結構アルヨ」な WaiWai ワイドに詰め込んで撮ったのが良かったのでしょうか。PL フィルターをかましたような鮮やかで深い青色に、してやったりと最後にまた登場してしまいました(爆)。

WaiWai ワイドは、F11 の 1/100s 固定ですので、ISO 100 のフィルムなら「晴」でちょうどいい塩梅になります。今回は晴〜曇という天気の下での雪景色なので、若干オーバー〜まずまずという露出の具合になって、まぁ狙い通りに収まりました。でも、実際肉眼で見た景色は結構白っぽくて、コントラストが低く雰囲気はあるが派手さのない、面白味に欠ける写真になるかなと思っていたのですが、それは嬉しい誤算だったみたいです。

なお、今回は AGFA 純正プリントの仕上げを尊重し、久しぶりにプリントをスキャンしています。そして、スキャン後は、プリントの調子に合うように適当に補正をかけてあります。とってもうそ臭く思える仕上がりですが、実際のプリントもこんなもんでした。早く、炎天下で Kiev II + JUPITER-8 なんかに突っ込んで撮ってみたいものです。

  • 2003年1月8日 - 2003年1月10日 北海道ルスツ高原
  • AGFA ULTRA color 100
  • AGFA純正仕上げのラボ
  • EPSON GT-9700F
Tweet