サンポトグラフ

以前、雑文コーナーに掲載して爆笑を頂いた博士論文奮闘記を憶えていらっしゃるでしょうか。そして、その中で私がそこはかとなく書いた「足の親指の付け根が痛み出すというのがあった」という一節を憶えていらっしゃるでしょうか。今回はその後日談からまいります。

痛風というほどの痛みではないもののやはり気になっていた私は、博士論文の本審査が終わってから病院で血液検査をしてもらいました。そしたら、な、なんと、堂々の尿酸値7.6。症状から見て痛風だと断言はできないが高尿酸であることに変わりはない、みたいなことを言われたのです。そう、私は知らないうちに痛風予備軍に入隊してしまっていたのでした。

これはマズイ!と思った私は、食生活・生活習慣の改善 (ダメよ、ダメダメプリン体!) をスゴイ勢いでおっぱじめたのはもちろんのこと、ダイエットにも取り組み始めました。その一環で研究室まで片道30分、往復1時間を毎日歩くことにしたのです。で、せっかくだからカメラ持って歩こうってことで前回から撮ってるんです。

そんなこんなで2004年3月25日、ワタクシは無事、博士(工学)の学位を取得したのでございました。

  • 2004年1月29日 西日暮里〜根津
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS
  • FUJIFILM SUPER PRODOL (5-8rolls 19℃ 6')
  • EPSON GT-9700F
Tweet