やっぱ黒白でしょ

今回は、前回に引き続き「研究室からちょっと抜け出して試し撮りシリーズ」その弐です。やはり、フィルムの入れ替えにはまだまだ慣れが必要なようで、歩きながらというわけにはいきませんね。ベンチにどっこいしょでおもむろに底蓋を開けて交換交換。フィルムの入れ替えには多少まごついたものの、操作自体は非常に軽快なのでスナップも気持ちよく進みました。

この時代のカメラって当然と言えば当然なんですが、黒白がいい感じです。黒白が中心の当時としては手軽にカラー写真を撮ることが夢だという人もいたことでしょう。それは今日デジタルカメラという形で発展し、まだリバーサルなどには及ばないものの充分実用に堪えるレベルにまで進化してきました。一方で、黒白フィルム、黒白写真もその存在感は全く揺るぐことはなく、永久に残っていくであろうと思われます。だって美しいんだもん。

  • 2002年6月9日 根津〜池之端
  • INDUSTAR-22 F3.5/50mm
  • FUJIFILM NEOPAN 400 PRESTO
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet