INDUSTAR-22 + ACROS

今まで INDUSTAR-22 に使ったフィルムは NEOPAN SS と NEOPAN PRESTO のみ。INDUSTAR-22 は割とソフトな描写のレンズで、前回はこれまたソフトな上がりの SS で撮ったもんだから、当然ながらよりソフト感が強調された上がりとなってしまいました。ソフトで階調豊かなモノクロ写真ってのはまたオツでいいものですけれども、前の3本はどっちかというとチョイ眠い感じでそれほど自己満足度は高くなかったんです。で、ハタと気づきました。まだ ACROS を使っていないじゃないか!

そんなわけで今回は、ISO100の黒白フィルムで私の最も好きな NEOPAN ACROS を投入いたしました。そして、その上がりを見て思ったんですが、コレ、INDUSTAR-22と合いますねぃ。コントラストはしっかり出ていて、カリカリ過ぎず、そしてちょうど良いソフト感。気に入りました。Kiev II を中心に撮りがちだった最近ですが、これを見ると、コンパクトでスナップしやすくて墨入れもして愛着湧きまくりの Zorki もいいっすね。

  • 2002年7月20日 荻窪
  • INDUSTAR-22 F3.5/50mm
  • FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS
  • FUJIFILM SUPER PRODOL
  • EPSON GT-9700F
Tweet