French Kiss in New Orleans #6

前回の超・極彩 Velvia 100 に対し、今回は超・高彩 Velvia 100F を使いました。100 と 100F の詳しい違いはVelvia 性能・特徴比較のページをご覧いただくとして、ここでは前回と今回の写真で実写比較をしてみましょう。

フムフム、確かに前回の 100 は赤緑色強調のイメージカラーなのに対して、今回の 100F は忠実発色のリアルカラーだなぁーへぇーへぇーへぇー・・・、ってほども違いはわからないんですよね。100F より 100 の方がなんとなく赤みがかって色が濃いって言えなくもないんですが、結構微妙です。どちらにしても、Velvia 独特のウソ臭い濃厚さはキチンと出ていますから、単純に安い方を買えばいいんじゃないかと思ってたりします。

今回も舞台はやはりニューオリンズ・フレンチクオーターってことで、ストリートパフォーマンスな人々を中心に撮りました。街頭スナップの一般人は普通にそのまま撮ってますけど、ストリートパフォーマンスな人々にはちゃんとチップ払って撮ったのでそれなりにお金をかけてるんですヨ。1ドルずつですけど。でも、チップを渡すと自分ひとりのためにワンフレーズ歌ってくれたりして、それがムチャクチャ上手いもんだからかなりお得な気分になったのでした。

  • 2003年11月8日 New Orleans, LA, USA
  • JUPITER-8 F2/50mm
  • FUJIFILM Velvia 100F FUJICHROME 24Exp.
  • FUJICOLOR SERVICE
  • EPSON GT-9700F
Tweet