Zorki

Zorki の紹介記事

ピント合わせとフレーミングが別々だっていいじゃないか。フィルム装填が面倒だっていいじゃないか。それを補って有り余る雰囲気と味わい深い操作感がある。

そうなんです、この操作の味わいというのが私にとっては重要なんです。単なる作例の展示ならレンズ別に写真をあげるのが正しいのでしょうが、CMEHAPPY はそうではありません。カメラ別の写真展示です。なぜそうしているかというと、写真を撮るとき、シャッターを押すときに、私の心を幾ばくか誘導するのはレンズではなくてボディーだからです。ボディーの大きさ・重さ・質感・デザイン・操作感などが違うと写真を撮るときのノリが変わってくるのです。

そんなこんな Zorki は誰が見てもバルナック・ライカのコピー。オリジナルの Oskar Barnack にもシッカリ敬意を表しつつ、コツを掴んでZorkiを扱い、才知を働かせて被写体を追いかけ、少し静かな「鋭い音」を響かせていきたいものです。

2002年 作成

Tweet